BAR業態様 限定

【セミナー/イベントレポート】 本格カクテルや世界のカクテルが大集合 COCKTAIL FESTA 2012開催

本格カクテルや世界のカクテルが大集合
COCKTAIL FESTA 2012 開催

それは、カクテル文化の粋を集めた華麗なフェスタだ。10月19日、20日と両日に渡って東京国際フォーラムで開催された「カクテルフェスタ2012」。メインステージでは今年度のオリジナルカクテルの最高峰を決める「カクテルアワード」やミュージックステージ、フレアショーが次々に華を添え、会場内のカウンターでは国内外の有名バーテンダーたちが技を競う。来場者は引きも切らず、賑わいは秋の夜を明るく照らし続けた。

2012 SUNTORY THE COCKTAIL AWARD

頂点を極める。2012年のカクテルアワード開催

ついに今年も、この日がやって来た。19回目を迎える「サントリーザ・カクテルアワード」。年に一度開催され、日本全国より応募のあったオリジナルカクテルの中から、「その年のNo1カクテル」が選ばれる。今年の最終選考会はカクテルフェスタのオープニングプログラムであったこともあり、例年以上に一般の観客が多いステージとなった。日本が誇るバーテンディング技術、その最高峰をかけて、舞台上で美技が繰り広げられる。このコンペティションを初めて目にする観客たちは、競技者たちの流れるような端正な所作に、改めて本格カクテルの真髄を見出すことだろう。

アワード01.jpg アワード03.jpg アワード04.jpg
アワード19.jpg

最終選考会に進んだのは、ショートカクテル部門8作品と、ロングカクテル部門8作品の、計16作品。全国から応募されたオリジナルレシピは800作品に上る。その中から2度の選考を通過した16作品とあって、いずれもレベルは高い。これらはすべて入賞作品とされ、さらにそれぞれの部門で優秀賞、最優秀賞が選ばれる。その頂点に立つのが、「カクテルアワード2012」だ。各部門の最優秀賞受賞者2名のうちから決定される、たった一人、たった一つのレシピである。今回のフェスタには、これまでの受賞者たちが何人も参加し、会場内カウンターで受賞作品やオリジナルカクテルを作っている。彼らも、この舞台に注目しているはずだ。

16人による多彩なカクテルが華を競う

審査は、ネーミング、味、見栄え、独創性、将来性、技術の6つのポイントを基準に行われる。2名ずつがステージに上り時間内にオリジナルカクテルを仕上げるのだが、どの競技者も、一瞬もリズムを崩すことなく、淀みなく流れる動きは洗練を極めている。それは毎夜、カクテルを作って来た自信と誇りに裏打ちされた動きだ。MIDORI、響、ヨーグリート、ミスティア、白州、アペロール......多彩なリキュールが、思わぬ割材と組み合わされる。シェーカーから、完成したカクテルが注がれるたびに、今度はどのような美しい色合いが現れるのかと、期待感で胸が躍る。

アワード09.jpg アワード05.jpgのサムネール画像 アワード06.jpg アワード07.jpg アワード08.jpg

16作品すべてのデモンストレーションが終わり、45分の休憩を挟んで、最終発表が行われた。会場には報道陣と観客が集まり、息を呑んでその時を待っている。ショートカクテル部門の優秀賞には、熊谷晃治さんの「雪あかり」が、最優秀賞には武道真理子さんの「藤紫」が選ばれた。ロングカクテル部門の優秀賞は、鈴木章浩さんの「Pink Sands Beach(ピンクサンズビーチ)」、最優秀賞は槇永優さんの「Haleine(アレンヌ)」。

アワード11.jpg アワード12.jpg アワード13.jpg

"2012年のカクテル"はMIDORIをベースにした一品

いよいよ、「カクテルアワード2012」が、プレゼンターであるタレントのベッキーさんから発表される。今年の栄光は、槇永優さんの「Haleine(アレンヌ)」の上に輝いた。日本生まれのMIDORIをベースに、マスカットリキュールのミスティア、カルヴァドス、オランジーナという3種類のフランス産アイテムを使用。瑞々しい新緑の色が印象的だ。槇永さんの喜びの声が会場に流れる。 「まさか受賞できるとは思っていませんでした。信じられない。このカクテルは爽やかな草原の風をイメージしたもので、オランジーナがポイントになっています。甘く優しく、カクテルを飲み慣れない若い人にも親しみやすいように工夫しました」 試飲したベッキーさんも、「フルーティーで美味しいですね! カクテルは本当に芸術作品。完成された一つのパフォーマンスだと毎年、思います」とコメントを寄せた。

アワード15.jpg
アワード14.jpg アワード17.jpg

次世代のスタンダードカクテルがたった今、生まれた。会場の熱気は冷めやらず、人はどんどん増えている。いまだ宵の口。カクテルアワードの興奮もそのままに、宴はまだまだ続く。

カクテルフェスタ2012 会場内エリア
国内外のトップバーテンダーが集合、各国産のブランドブースも

フェスタ01.jpg

これが第1回となるカクテルフェスタだが、午後1時の開場前には長蛇の列ができていた。未成年は入場できない、大人だけのフェスタである。広々とした会場はメインステージと、8つのエリアで構成されている。もっとも目を惹くのは、入口近くの「本格カクテル」エリアだ。美しいバーカウンターが設置され、その向こうに、カクテルアワードの歴代受賞者と、海外から招聘された有名バーテンダーが立っている。その数、2日間で総勢19人。これだけの人数が一堂に会することは、これまでになかったことだ。

入れ替え制で6人ずつ、それぞれが、自慢のカクテルを作り上げる。入場チケットには、この本格カクテル1杯と、帝国ホテルセレクトのアミューズ2品の引換券が付いている。国内外のトップバーテンダーによるアワード受賞のカクテルを味わえる貴重な機会だ。誰のカクテルを選ぶか、非常に悩ましい。

フェスタ02.jpg フェスタ03.jpg
フェスタ04.jpg フェスタ05.jpg

会場内は他に、アペロール、ルジェなどフランス・イタリアのリキュールエリア、ブルガルやマリブなど南国のトロピカルカクテルエリア、イエーガーマイスター、スタンダードカクテル、おうちカクテルなどのエリアに分かれ、ブースが立ち並ぶ。こちらは、 カクテルを自由に何杯でもテイスティングできるのだ。 とくにミドリのブースには、新スタイル「エアミックス」目当ての人々が途切れない。 フレッシュフルーツと滑らかな泡の新感覚が、早くも敏感に流行な層の心を掴んだようだ。 それぞれのブースがリキュールの雰囲気に合わせてプレゼンテーションに趣向を凝らし、お祭り気分を盛り上げている。老いも若きも、スーツもデニムも、女性も男性も。人々はどこからともなく集まり、語り合い、また別のエリアへと回遊していく。 。

フェスタ06.jpg フェスタ07.jpg フェスタ08.jpg フェスタ09.jpg

注目を浴びるスマホアプリの「ソーシャルシェーカー」

ひときわ、若い女性が集まっているブースがあった。「ソーシャルシェーカー」というスマートフォン専用アプリのブースだ。ツイッターやフェイスブック、ミクシィなどからログインし、自分や友人と、リキュールを選んでシェイクする。このとき実際にスマートフォンを振るのだが、シャカシャカと音がするのが楽しい。出来上がりの画面には、ソーシャルメディアでのつぶやきを反映したオリジナルネームのカクテルが現れる。名前はオリジナルだが、レシピ自体は既存のものなので、自分だけの名前を持つカクテルを実際にバーで作ってもらうことも可能だ。レシピやリキュールの説明も出てくる丁寧な作りが嬉しい。さらに、出来上がったカクテルで友人と乾杯する機能もあり、ソーシャルメディアでシェアできる。わずか1週間で5万人が利用しているというこのアプリ。街角でシャカシャカとスマホをシェイクする人々の姿が見られる日も近いかもしれない。

フェスタ10.jpg フェスタ11.jpg フェスタ12.jpg

熱いステージがフェスタを盛り上げる

カクテルアワードが終了した後も、ステージでは次々に華やかなプログラムが披露されていた。海外バーテンダーによるデモンストレーションは、音楽に乗ってカジュアルに楽しく、日本のフォーマルなイメージとは180度異なるスタイルが興味深い。欧米ではこんな風に、ゲストを煽りながら賑やかにカクテルを作るバーがたくさんあるのだろう。日本からも、昨年のアワード受賞者である池上雅子さんと、先程受賞したばかりの槇永優さんが登壇。無駄のない舞のような、洗練されたジャパニーズスタイルが、対照的だった。続いては、ドミニカ共和国からラテンミュージック「メレンゲ」に乗って、ダンスチームが登場。情熱的なダンスで、「カリブでいちばん飲まれているラム」ブルガルの日本発売を盛り上げる。

フェスタ13.jpg フェスタ14.jpg フェスタ15.jpg フェスタ16.jpg

日暮れて、会場はいっそう活気づいている。仕事帰りのビジネスパーソンの姿も一気に増えた。熱気のこもる中、初日を締めくくるべく、ステージではフレアバーテンダーショーが始まった。

ステージに上がったのは、5人のバーテンダー全員が日本チャンピオン経験者というフレアバー「カラソル」のメンバー。ボトルやティンやグラスを自由自在に空中に放り、背中に回した腕や手の甲でキャッチしながらカクテルを作り上げる華麗なパフォーマンスに、集まった観客がどよめく。最後に登場したのは、初来日となるフランスのフレアバーテンダー、ニコラス・セイント・ジーン氏。何度も世界チャンピオンに輝いているそのパフォーマンスは観客の度肝を抜くものだった。まるで、生まれたときから慣れ親しんでいたかのように、ボトルが、ティンが、いや紙ナプキンやストローまでが、氏の意思通りに動く。その体の周囲だけ重力がないかのように、ツールの軌道がスローモーションで見えるほどだ。緩急をつけて観客を巻き込んでいく見事な舞台。ときに息を詰め、ときに喝采し、観客は一瞬たりとも目を離すことができずにいる。フェスタの初日はこのように大きな歓声で幕を閉じ、多くの人にカクテル文化の豊かさを知らしめることとなった。この大きな成功は、翌年のさらなる飛躍を期待させてやまない。

フェスタ17.jpg フェスタ18.jpg フェスタ19.jpg
フェスタ20.jpg フェスタ21.jpg フェスタ22.jpg
このページの先頭に戻る