BAR業態様 限定

【セミナー/イベントレポート】日本に新たなムーブメントを起こすルジェの〝フルーツジャーカクテル〟

待望の新作『ルジェ クランベリー』が日本上陸

六本木ヒルズに3日間限定のフルーツジャースタンドがオープン

様々なカクテルに使用される汎用性の高いリキュールとして人気の〝カシスリキュール〟を世界で初めて作ったことで知られるフランスのルジェ・ラグート社。この度、新作『ルジェ クランベリー』の発売に合わせ、六本木ヒルズで〝フルーツジャーカクテル〟を販売するイベントが開催された。

フルーツジャーカクテルとは、ルジェのフルーツリキュールを使ったカクテルのこと。生のフルーツがたっぷり入ったガラス瓶(ジャー)にリキュールやソーダなどを注いだ状態で提供されることから、その名がつけられた。日本では昨年からジャーサラダが流行していることもあり、ジャーカクテルも若い世代を中心に大きな注目を集めている。

今回のイベントでは新発売のルジェ クランベリーを使用した『クランベリー レモントニック』や、定番の『生カシオレ』に加え、ジャーサラダの仕掛け人としても知られる料理家の勇気凛りんさんが考案した『ルジェ クランベリー グレープブリーズ』など、全部で15種類のフルーツジャーカクテルが用意された。思わず写真に撮りたくなるほど、見た目にも可愛らしいものが多い。

フランスのマルシェを思わせる会場にはフルーツの甘い香りが漂い、それに惹かれるように多くの人々が足を止めた。若い女性やカップルが多いが、スーツを着た男性の姿もチラホラ。自然光が射し込む開放的な空間で、フレッシュなカクテルを味わっていた。

本国フランスとは異なる日本のマーケット事情

今回のイベントに際し、フランス本国からルジェ社のオリビエ・メリス社長と、マーケティング部長を務めるドロテ・シモテル氏が来日。新作のルジェ クランベリーやフルーツジャーカクテルについて語った。

以前にも何度か日本を訪れているというオリビエ氏は、日本人に対して「とても洗練されている」との印象を持っているという。特に食べ物への意識については「日本はまず食べ物が美味しい。そして、日本人はよく食べるし、よく飲むので、味覚も鋭い」と話した。

ルジェの代名詞といえばカシスリキュールだが、本国フランスでは白ワインと合わせる『キール』というカクテルが定番になっており、フルーツジャーカクテルという飲み方はあまり一般的ではない。その理由は、カシスリキュールを好む年齢層の違いにあるという。

ドロテ氏は「フランスでカシスリキュールを好むのは40代〜50代の年齢層です」と語る。一方、日本ではキールよりもカシスソーダやカシスオレンジなどのカクテルが一般的で、それらは若者に好まれる傾向が強い。そのため、カシスリキュールは若者向けというイメージが強くなっているのが実情だ。実際、今回のイベントでも会場には若い男女の姿が目立つ。市場に合わせて商品展開を変えるという大胆な戦略からは、伝統を重んじながらも、常に進化を求め続けるルジェ社の飽くなき情熱が窺える。

ルジェが日本の若者に支持されるのは、味はもちろんのこと、その見た目にも理由があるのかもしれない。ルジェのボトルは、一目でそれとわかる特徴的な形をしている。これについてはドロテ氏も「手で書いたような滑らかなシェイプで、本当にアーティスティック」と語っている。カシスリキュールの製法と同様、この形状も1841年の創業以来変わっていないそうだ。芸術の国・フランスで生まれた美しいボトルが、ルジェの確固たるアイデンティティ、そして大きな魅力になっていることは疑いようもない。

〝スーパーフルーツ〟として特別視されるクランベリーの魅力

ルジェ社は、〝リスペクト・フルーツ(フルーツを尊ぶ)〟という理念を掲げて、フルーツそのものの味に近づけるようなリキュール作りを続けている。現在、日本では14種類のリキュールが販売されているが、今回、新たにクランベリーが発売されることになった理由については、次のように語られた。

「フランスにおいて、クランベリーはカシスと同じく〝スーパーフルーツ〟として認知されています。スーパーフルーツとは、ただの食べ物という枠組みを超えた特別なフルーツで、ビタミンが豊富だったり、健康的だったりという特徴があります。美味しいのはもちろん、飲む人が健康的に楽しめるものとして、クランベリーリキュールを作りました」

クランベリーは高い栄養価を誇るが、酸味は強いため生食には向かない。しかし、ジャムやソースにするには最適で、リキュールとしても他にはない存在感を放つ。また、同じベリー系でもカシスほど甘くないので、カクテルをよりフレッシュな味わいに仕上げることができる。これからの暑い時期にかけては、とても心強いリキュールになるだろう。

最後に2人は日本に向けて「ルジェ クランベリーはビタミンがたっぷりで、とてもフレッシュなリキュールです。生のフルーツがたっぷり入ったジャーカクテルは、リスペクト・フルーツというルジェの理念を瓶詰めしたようなカクテルだと言えるでしょう。カフェテラスや屋上など、開放的な場所で飲むと、より一層フランスの気分を味わえると思うので、美味しく健康的に楽しんでください」とメッセージを送り、インタビューを締めくくった。

このページの先頭に戻る