BAR業態様 限定

【山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽熟成梅酒 取扱店インタビュー】~BAR BESO(バー・ベッソ)~

~BAR BESO(バー・ベッソ)~/大阪市北区堂島

カクテルの達人の店が北新地で復活

数多くの受賞歴があり、カクテルの世界大会にも幾度も出場している佐藤章喜さん。
まさに日本のカクテルシーンをリードしている人物です。

そんな佐藤さんが姉妹店「ベッソ・マリアール」を残しながらも一時期、北新地を離れていました。
佐藤さんの「BAR BESO(バー・ベッソ)」の復活は、左党からの待望。
その思いが叶い、以前の店の少し東に位置する路面店(1階袖看板の店舗は地下1階)で2014年6月にオープンしたのです。

佐藤さんは、「ベッソ」を復活するにあたり、顧客とのコミュニケーションを大切にライブ感を持つ店にしようと考えたようです。
そこはカクテルの達人、その作り方を見せ、論理を伝えることでより美味しく味わえるようにとの配慮が窺えます。

来店客全てが佐藤さんの視界に入るような設計で、以前よりはコンパクトになっていますが、それだけ達人との距離も縮まり、酒の話がしやすくなっているので左党には喜ばしい限りでしょう。
以前の店でカウンター右端にあった、バーには珍しい炭火焼きスペースは存在しませんが、自慢の炭火料理は健在。鰻を白焼きにしたり、黒毛和牛のカイノミ部分や野菜を焼いたりと、「ベッソ」らしいアテをつまみに一杯飲れるのです。

氷で冷たくして、ステアしながら、つなげていく

6月の先行発売から「ベッソ」でも「山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽熟成梅酒」を提供しています。
佐藤さんは、この梅酒発売の話を聞いた時からその製法にかなりの興味を持っていました。それはグレーンウイスキーが使われている点。
佐藤さん曰く「梅酒にウイスキーを足しても混ざり切らない」そうで、「内側を焙煎したウイスキーの古樽」で寝かすことでどう味付け、いかにリメイキングしたか興味津々だったとのことです。

「いかに『山崎』を表現するかが課題だと思っていました。ウイスキーを加えると聞けば、スモーキーのあるものをと想像しがちですが、ウイスキーが苦手な人にはそれでは受け入れられない。でもこの梅酒は、それをうまく融合させており、ウイスキーがもたらす深さを追求した梅酒といえるでしょうね」。

佐藤さんは初めて口にした時、その心配が杞憂に終わったことを実感したと言います。
「山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽熟成梅酒」は、樽で寝かせた良さを十分に発揮。グレーンウイスキーを加えることですっきり感を出したものになっていたのです。
「ウイスキーのバニラ香がゆっくりゆっくり仕込まれているのがわかりました。樽の成分や香ばしさも感じることができますし、砂糖ではなく、ウイスキーでコクをつけているのがいいですね」。

「ベッソ」では、「山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽熟成梅酒」を「山崎」や「白州」「響」と同じ所に並べて目立たせています。
そしてそのボトルを見つけて注文した人には、オン・ザ・ロックか、ストレートで提供しているのです。
但し、ストレートといってもそこは「ベッソ」流。単にグラスに入れるのではなく、まずミキシンググラスに沢山の氷と「山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽熟成梅酒」60mlを入れ、ステアしながら冷たくしていきます。

ステア回数は70回転ぐらい。
佐藤さんの話では「60回と70回では1℃の差が生じる」そうで、そのまま飲むよりも少し冷やして飲む方が美味しいのだと言います。
「30回転で安定温度になり、それから60回転までは溶ける率は変わりませんが、60回転から70回転になると、1℃下がるんです。だから当バーではゆっくりつながるように混ぜてから提供します」。

そして仕上げはカリカリ梅をスティックに刺して入れる_、
こうして「ベッソ」流「山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽熟成梅酒」のストレートができあがるのです。

BAR BESO(バー・ベッソ)

お店情報

住所大阪市北区堂島1-3-35 新陽第二ビル1階

TEL06-4256-6232

営業時間18:00~翌2:00(土祝日は~24:00)

定休日日曜日

メニュー
  • 山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽熟成梅酒1200円

山崎蒸溜所貯蔵焙煎樽熟成梅酒の製品ページはこちら

このページの先頭に戻る